81(やい)の日記〜山梨県甲斐市中下条の美容院.美容室.ヘアサロン

81(やい) のBOSSによる美容の話と美容に関係の無い話を書く日記

某サイトで書いたブログのコピペ

【必読・感動巨編】81(ヤイ)の名前の由来投稿日:2019/4/1投稿者:小泉 豪章

 

せっかくブログ機能を発見しましたので自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 


81の小泉豪章(こいずみたいき)です。
美容師歴10年の30歳です。
名前なんて読むの?と1億回くらい聞かれて30年生きてきましたが(たいき)と読みます。
高校生の時になんとなく美容師を志し美容学校を卒業し、美容師の見習いを始めたらどハマりし今に至ります。


81(やい)という店名の由来ですが、、、

僕が美容師の見習いを始めた頃、覚えの悪い僕に、僕の師匠のうちの1人(僕には美容師の師匠が2人います)が、僕の事を名前ではなく「おい!」とか「やい!」と呼ぶようになり、それが面白い雰囲気で、そのままお店での僕のあだ名が「やい」になってしまいました。

間も無く、あらゆるスタッフ、先輩、上司、後輩、やがてお客様達から「やい」「やい君」「やいさん」と呼ばれるようになりました。
「やいやい」と呼んでくる女の子もいました。かわいいですね。


その後も先輩達から莫大な愛情と莫大なパワハラを受け続け大事に育てられ、4年と少しでスタイリストデビュー致しました。


ある時から、自分1人で美容院を経営する事を目標とし、今まで以上に技術と勉強に燃え、修行してまいりました。


独立のきっかけは、

「なんかもう勤めるの嫌だわ」

となんとなく思ったからです。


その後たくさん苦労して、周りのサポートもあり、独立が実現する直前、僕は寂しい事に気付きました。それは、1人で美容院を始めたら、もう「やい」と新しく呼んでくれる方がいなくなる事。

気づかぬうちに「やい」という名前が、僕の美容師人生で無くてはならない程大きいものになっていました。


そんなある時、僕は閃いてしまいました。やい、という名前と共に独立して美容師人生を歩んでいく手段を。

僕はあまりの閃きに、自分自身に感謝と尊敬の念を抱きました。

 

「ヤイっていう名前の美容院にしよ(目を輝かせながら)」

 

そんなわけで、81(ヤイ)は2016年12/10にopen致しました!

独立して初めてお会いしたお客様も、僕の事を「やいくん」「やいさん」と呼んでくれる方が続出しました。

openして間も無く、「やい」という名前と今後も歩んでいける事を実感し、泣きながら恋ダンスを踊りました。(当時流行っていたドラマのダンスです)

 

もっと色々書きたいのですが、文字数が限界なので終わります。